ムラサキナギナタタケ(紫長刀茸)(読み)ムラサキナギナタタケ(英語表記)Clavaria purpurea

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキナギナタタケ(紫長刀茸)
ムラサキナギナタタケ
Clavaria purpurea

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。針葉樹林の地上に単生または 20個ぐらいが束生する。径 1.5~5mm,高さ 2.5~12cmで押しつぶされて平らになった棒状淡紫色または灰紫色で美しい。胞子は無色。食用になる。日本各地に産し,北アメリカヨーロッパにも分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android