コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキニガナ(紫苦菜) ムラサキニガナLactuca sororia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキニガナ(紫苦菜)
ムラサキニガナ
Lactuca sororia

キク科の多年草。北海道を除く日本各地および中国大陸の中部に分布し,暖地山地に生える。茎は軟らかく中空で直立し,高さ 1m以上になる。葉は下部では通常羽状に裂けるが,上部へいくにつれて次第に小さくなり,披針形となる。夏から秋に,舌状花から成る淡紫色頭状花を円錐状に多数つける。総包は 1cmほどの長さで紫色。果実は長楕円形の痩果で,黒色の細い筋があり,白色冠毛がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムラサキニガナ(紫苦菜)の関連キーワードキク科

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android