コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムラサキホウキタケ(紫箒茸) ムラサキホウキタケClavaria zollingeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキホウキタケ(紫箒茸)
ムラサキホウキタケ
Clavaria zollingeri

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。林地内の地面に束になって生える。高さ 1.5~7.5cmで基部は著しく発達して分枝を生じる。柄は濃紫水晶色またはすみれ色であるが,のちに褐色を帯びるかぶどう酒色に変化する。胞子紋は白色。食べられる。日本各地にみられ,汎世界的に分布する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android