ムラサキホウキタケ(紫箒茸)(読み)ムラサキホウキタケ(英語表記)Clavaria zollingeri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムラサキホウキタケ(紫箒茸)
ムラサキホウキタケ
Clavaria zollingeri

担子菌類ヒダナシタケ目ホウキタケ科。林地内の地面に束になって生える。高さ 1.5~7.5cmで基部は著しく発達して分枝を生じる。柄は濃紫水晶色またはすみれ色であるが,のちに褐色を帯びるかぶどう酒色に変化する。胞子紋は白色。食べられる。日本各地にみられ,汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

やけど虫

昆虫の一種「アオバアリガタハネカクシ」の俗名。体長7ミリ程度で細長く、頭と尻が黒色、胸部と腹が橙色、中央の短い羽根の部分は藍色という特徴的な外見をしている。日本全土に生息し、6月~8月が活動の最盛期。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android