コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムリリョ Murillo, Bartolomé Esteban

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムリリョ
Murillo, Bartolomé Esteban

[生]1618.1.1. 〈洗礼〉セビリア
[没]1682.4.3. セビリア
スペインの宗教画家。 1639年まで J.カスティーリョのもとで修業。 45~46年最初の大作をセビリアのサン・フランシスコ修道院に描いた (現在9点が各地に分散所蔵) 。 48年頃マドリードに行き,約3年間滞在して D.ベラスケスの援助を受け,60年セビリアにアカデミーを創立し会長になった。ラファエロ,コレッジオ,P.ルーベンス,A.ファン・ダイクの作品の影響を受けながら,微妙な明暗表現を基調とする甘美な作風を確立し,ベラスケスと並んでスペイン・バロックの代表的画家といわれた。作域も広く,聖母を優雅に描く一方,路傍の貧児を写実的に描き,風俗画家,肖像画家としても才能を発揮した。主要作品は『無原罪の御やどり』 (1652,マドリード,プラド美術館) ,『天国と地上の三位一体』 (81~82頃,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) 。

ムリリョ
Murillo, Pedro Domingo

[生]?
[没]1809
ボリビア革命運動の先駆者。 1809年ナポレオン1世のスペイン支配に反対して反乱を起し,自治政府を樹立。ラパスにフンタをつくったがペルー副王軍の攻撃に敗れ,逮捕,処刑された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムリリョの関連キーワードラ・パス(ボリビア)バルデス・レアールムリーリョ広場聖母の15玄義セビリア大聖堂カスティーリョスペイン美術フェリペ4世セビーリャウィルキーセスペデスムリーリョフリンク処女懐胎先駆者ラパス樹立反乱

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムリリョの関連情報