コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムルン Mörön

翻訳|Mörön

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムルン
Mörön

モンゴル北部,フブスグル州の州都。ハンガイ山脈の北麓,セレンゲ川の支流デルゲル川の谷,標高 1281mにある。 1921年の革命まではモンゴル北部におけるチベット仏教の一中心地であった。ウラーンバートルから西へ向う北路自動車道の要衝で,フブスグル湖畔のハトガルへも自動車道が通じている。ウラーンバートルとは航空路でも結ばれている。人口約1万 5000。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムルンの関連キーワードオーストラリア先住民アッバース(1世)ムアンタム遺跡ムアンタン遺跡パノムルン遺跡ウリヤスタイドイツ映画ピマイ遺跡セレンガ川モロンダバ亡命文学ザンビアホエルンルビッチモロンベ天父神ムルンルサカ祭司

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android