コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムレスズメ(群雀) ムレスズメCaragana sinica; Mongolian pea shrub

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムレスズメ(群雀)
ムレスズメ
Caragana sinica; Mongolian pea shrub

マメ科の落葉低木。中国北部の原産で,日本には江戸時代に輸入され,観賞用として庭木にされ,また切り花としても使われる。高さ 2mほどになり,細い幹を群生して稜のある枝を多数つける。葉は長楕円形で,2対4枚の小葉から成る複葉で,質は薄いが硬い。前年の葉軸が残ってとげ状になる。春,細い花柄にエニシダに似た黄色の蝶形花を下垂する。花色はやがて橙黄色に変る。花の長さは 2cmぐらい,萼は筒状をなし,花が終ってから円柱形で 3cmぐらいの豆果をつける。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ムレスズメ(群雀)の関連キーワードマメ科

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android