ムロウテンナンショウ(読み)むろうてんなんしょう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ムロウテンナンショウ
むろうてんなんしょう / 室生天南星
[学]Arisaema yamatense (Nakai) Nakai

サトイモ科の多年草。全体の形はマムシグサに似るが、仏炎包の内面に細かな乳頭状突起を密生することにより、他種から明らかに区別できる。花序付属体の上方がしだいに細まり、光沢のある円頭に終わるものが狭義のムロウテンナンショウで、近畿地方とその周辺に分布する。名は奈良県宇陀(うだ)市室生に生えるテンナンショウの意味である。
 これに対し、付属体が先端付近でいったん細まったのち、径5ミリメートル以上の膨らみに終わるものは、亜種のスルガテンナンショウとして区別され、中部地方の太平洋側の低山地に分布している。[邑田 仁]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android