コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーサー・イブン・ヌサイル ムーサー・イブン・ヌサイル Mūsā ibn Nuṣayr al-Lakhmī

1件 の用語解説(ムーサー・イブン・ヌサイルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーサー・イブン・ヌサイル
ムーサー・イブン・ヌサイル
Mūsā ibn Nuṣayr al-Lakhmī

[生]640
[没]716/717
アラブイスラム軍の将軍。 698年頃北アフリカ駐留のアラブ軍司令官となり,北アフリカを征服したのち,部下のターリク・イブン・ジヤードアンダルシア (南部スペイン) 進攻を命じ,712年にはみずからも軍を率いて侵入し,アンダルシアを征服した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ムーサー・イブン・ヌサイルの関連キーワード階乗NエヌN末端残基Bel Geddes,N.Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Jānībeg KhānJānībek KhānPoliteia tōn Romaiōn

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone