コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーサー・イブン・ヌサイル Mūsā ibn Nuṣayr al-Lakhmī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーサー・イブン・ヌサイル
Mūsā ibn Nuṣayr al-Lakhmī

[生]640
[没]716/717
アラブ・イスラム軍の将軍。 698年頃北アフリカ駐留のアラブ軍司令官となり,北アフリカを征服したのち,部下のターリク・イブン・ジヤードアンダルシア (南部スペイン) 進攻を命じ,712年にはみずからも軍を率いて侵入し,アンダルシアを征服した。 713年カリフの帰還命令を受けて,莫大な戦利品や捕虜とともに麗々しい行列を連ねて首都ダマスカスに向い,715年カリフに謁見した。しかし中傷を受けて失脚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ムーサー・イブン・ヌサイルの関連キーワードレオン(3世)ターリク・ブン・ジヤードレオ[3世]イサウリア朝セウェリヌスヨハネス4世ビルゲ・ハガンビルゲ・カガン(毗伽可汗)黙啜可汗カプガン・ハガン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android