コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーディーズ(Moody's Investors Service)

1件 の用語解説(ムーディーズ(Moody's Investors Service)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

ムーディーズ(Moody's Investors Service)

ムーディーズ・インベスターズ・サービス。アメリカ民間の有力格付け機関スタンダード&プアーズと並ぶ世界的な2大格付け機関。ジョンムーディーによって1900年に設立された最も歴史のある格付け会社。1909年にムーディーが最初の債券格付けアルファベットの記号を利用した格付けを導入、この表記法が信用評価の国際的なシンボルとなっている。1930年代の大恐慌の際、債券の全発行残高の約3分の1が債務不履行(デフォルト)となったが、格付けが高い債券ほどデフォルト発生率が低かったため、格付けは投資情報としての価値を高め、投資家の間で定着するようになった。

出典|(株)マネーパートナーズ
外国為替用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone