コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーランルージュ新宿座

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ムーランルージュ新宿座

1931(昭和6)年12月、屋根の赤い風車が目印のパリのレビュー小屋「ムーランルージュ」を模し、新宿駅前の映画館を改装してつくられた、大隅充さん提僑世相を切り取った3本の芝居とダンスなどのバラエティーショーで構成。インテリ層の人気を集め、映画監督の黒沢明も常連だったという。45年5月の空襲で焼失するが、戦後復活。森繁久弥由利徹左卜全楠トシエらが活躍した。ストリップ人気に押されて51年5月に閉館した。

(2011-02-16 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

世界大百科事典内のムーランルージュ新宿座の言及

【ムーラン・ルージュ】より

…【川添 裕】(2)日本の劇団・劇場名。正式名称は〈ムーランルージュ新宿座〉。1931年12月,佐々木千里がパリのミュージック・ホールの名をとって軽演劇の一座を東京新宿で旗揚げ,都会感覚のしゃれた風刺喜劇が知識青年に大いに受けた。…

※「ムーランルージュ新宿座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ムーランルージュ新宿座の関連キーワード斎藤豊吉(2)佐々木千里

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムーランルージュ新宿座の関連情報