コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーラ Muǧla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーラ
Muǧla

トルコ南西端部の都市で,同名県の県都。小平野の周辺に位置する。 14世紀にはトルクメンのメンテシェ国のスルタン居所であったが,1425年にオスマン帝国領となった。周辺地域の農産物 (柑橘,穀物,綿花ブドウ) の集散地である。人口3万 5850 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムーラの関連情報