コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ムーラ Muǧla

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ムーラ
Muǧla

トルコ南西端部の都市で,同名県の県都。小平野の周辺に位置する。 14世紀にはトルクメンのメンテシェ国のスルタン居所であったが,1425年にオスマン帝国領となった。周辺地域の農産物 (柑橘,穀物,綿花ブドウ) の集散地である。人口3万 5850 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ムーラ(Mora)

スウェーデン中部、ダーラナ地方の中心都市。シリアン湖北岸に位置する観光保養地で、クロスカントリーの世界大会バーサロペットの開催地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ムーラの関連キーワードサン・ジョバンニ・イン・ラテラノ大聖堂サン・パオロ・フオリ・レ・ムーラ教会サンタ・コスタンツァ廟堂[ローマ]サンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂サンパオロフォーリレムーラ大聖堂サンジョバンニインラテラノ大聖堂サンタマリアマッジョーレ大聖堂ダヤーナンダ・サラスバティーアルノルフォ・ディ・カンビオコンスタンティヌス凱旋門ヨハネス18世(19世)ルブアルハーリー砂漠ムーラン・ルージュペレス・デ・イータ初期キリスト教建築サンタンジェロ城ラウレンティウスサムロンセン貝塚リェーヂュの踊子ホノリウス1世

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ムーラの関連情報