コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイガ(螟蛾) メイガ

世界大百科事典 第2版の解説

メイガ【メイガ(螟蛾)】

鱗翅目メイガ科Pyralidaeの昆虫の総称。昔から日本でイネの大害虫として知られているニカメイガの幼虫をメイチュウ(螟虫)あるいはズイムシ(髄虫)と呼んでいたので,この所属する科をメイガ(螟虫の蛾)と称するようになった。種数は,鱗翅目のなかで3番目に多い大きな科で,日本には600種以上が知られている。翅の開張1.5~3cmの小型種が多いが,なかには4cmを超える中型種も含まれる。一般に体は細長く,脚も長い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

メイガ(螟蛾)の関連キーワードメイガ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android