メイタガレイ(目板鰈)(読み)メイタガレイ(英語表記)finespotted flounder

世界大百科事典 第2版の解説

メイタガレイ【メイタガレイ(目板鰈) finespotted flounder】

カレイ目カレイ科の魚(イラスト)。北海道南部から九州,台湾までの沿岸にふつうに見られる。体は体高が高くひし形に近い。有眼側は褐色で,暗褐色斑点が散在する。両眼の間に強いとげをもった一つの隆起縁があり,容易に他種と区別できる。メイタの名もこれに由来している。また,眼が高く突き出ているのでメダカガレイの別名もある。産卵期は東京湾で10月下旬~1月上旬で,約1.2mmの分離浮性卵を湾口付近で産む。卵膜表面には微細な亀甲模様が見られる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android