コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイチダイ(目一鯛) メイチダイGymnocranius griseus

世界大百科事典 第2版の解説

メイチダイ【メイチダイ(目一鯛) Gymnocranius griseus】

スズキ目フエフキダイ科の海産魚。体型はタイ類に似た〈タイ型魚類〉の1種であり,眼を背側から腹側に横切る1本の黒褐色帯が大きな特徴で,これが名の由来となっている。別名はメイチまたはギンダイ。地方名も多く,三重県尾鷲でメイチャ,名古屋でイチミダイ,鳥羽でイチ,熊本でタルメなどがある。全長40cmに達する。体は銀灰色で,不規則な斑紋がある。幼魚には体に5~8本の不規則な横帯があるが,成長とともに不明りょうになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android