コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイチダイ(目一鯛) メイチダイ Gymnocranius griseus

1件 の用語解説(メイチダイ(目一鯛)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メイチダイ【メイチダイ(目一鯛) Gymnocranius griseus】

スズキ目フエフキダイ科の海産魚。体型はタイ類に似た〈タイ型魚類〉の1種であり,眼を背側から腹側に横切る1本の黒褐色帯が大きな特徴で,これが名の由来となっている。別名はメイチまたはギンダイ。地方名も多く,三重県尾鷲でメイチャ名古屋イチミダイ,鳥羽でイチ,熊本でタルメなどがある。全長40cmに達する。体は銀灰色で,不規則な斑紋がある。幼魚には体に5~8本の不規則な横帯があるが,成長とともに不明りょうになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メイチダイ(目一鯛)の関連キーワードマダイアオギス笛鯛笛吹鯛アカアマダイアサヒダイイトヨリキグチゴウシュウマダイソコイトヨリ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone