コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイヤック メイヤック Meilhac, Henri

2件 の用語解説(メイヤックの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイヤック
メイヤック
Meilhac, Henri

[生]1831.2.22. パリ
[没]1897.7.6. パリ
フランスの劇作家。共作が多く,L.アレビと共作のオペレッタ『うるわしのエレーヌ』 La Belle Hélène (1864) ,同じくメリメの小説『カルメン』に基づくオペラ台本 (75) ,プレボーの小説『マノン・レスコー』に基づき,P.ジルと共作したマスネーのオペラ『マノン』の台本 (84) などが有名。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイヤック
めいやっく
Henri Meillhac
(1831―1897)

フランスの劇作家。パリ生まれ。第二帝政初期に自作が上演されたのを契機に、単独あるいは友人アレビーLudovic Halvy(1834―1908)と共作で同時代の風俗を機知と皮肉で抜粋した喜劇台本を書いた。とくにオッフェンバックの作曲でオペレッタとして上演の『美しきエレーヌ』La Belle Hlne(1864)、『パリの生活』La Vie Parisienne(1866)などは、1867年の万国博覧会の内外観光客を魅了し、劇場は爆笑でにぎわった。その後も『フルーフルー』(1869)、『わたしのいとこ』(1890)などの喜劇で好評を博した。71年の帝政崩壊後のビゼー作曲『カルメン』(1875初演)の台本も代表作として知られる。アカデミー会員。[本庄桂輔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メイヤックの関連キーワードノートルダムドパリ没・歿勃・歿・没三角数ハルパリュケパリのジャンヘパラン硫酸Diaz de la Peña,N.ペリパリオ,N.

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone