コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メイヤック Meilhac, Henri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メイヤック
Meilhac, Henri

[生]1831.2.22. パリ
[没]1897.7.6. パリ
フランスの劇作家。共作が多く,L.アレビと共作のオペレッタ『うるわしのエレーヌ』 La Belle Hélène (1864) ,同じくメリメの小説『カルメン』に基づくオペラ台本 (75) ,プレボーの小説『マノン・レスコー』に基づき,P.ジルと共作したマスネーのオペラ『マノン』の台本 (84) などが有名。アカデミー・フランセーズ会員 (88) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メイヤック
めいやっく
Henri Meillhac
(1831―1897)

フランスの劇作家。パリ生まれ。第二帝政初期に自作が上演されたのを契機に、単独あるいは友人アレビーLudovic Halvy(1834―1908)と共作で同時代の風俗を機知と皮肉で抜粋した喜劇台本を書いた。とくにオッフェンバックの作曲でオペレッタとして上演の『美しきエレーヌ』La Belle Hlne(1864)、『パリの生活』La Vie Parisienne(1866)などは、1867年の万国博覧会の内外観光客を魅了し、劇場は爆笑でにぎわった。その後も『フルーフルー』(1869)、『わたしのいとこ』(1890)などの喜劇で好評を博した。71年の帝政崩壊後のビゼー作曲『カルメン』(1875初演)の台本も代表作として知られる。アカデミー会員。[本庄桂輔]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

メイヤックの関連キーワードメリー・ウィドーオッフェンバックラビッシュ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android