メインメモリー共有

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メインメモリー共有

統合チップセットなどで、メインメモリーの一部をVRAM領域として利用すること。パソコンコストダウンに寄与するが、その分メモリー使用可能容量が少なくなる。状況に応じて共有量を調整するチップセットもある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる