メガマウス鮫(読み)メガマウスザメ

デジタル大辞泉の解説

メガマウス‐ざめ【メガマウス×鮫】

《メガマウスは巨大な口の意》メガマウスザメ科の海水魚。全長約5~6メートルで、大きな口をもつが歯は小さく、プランクトンなどを食べる。1976年に初めて発見された。目撃・捕獲例が少なく、生態には不明な点が多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android