コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メキシコ湾原油流出事故

1件 の用語解説(メキシコ湾原油流出事故の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メキシコ湾原油流出事故

ルイジアナ州の沖合で、英BPの石油掘削基地が2010年4月20日、爆発し、作業員11人が犠牲になった。直後から海底の油井から原油が流出し続け、完全封鎖は9月19日。原油流出事故としては、史上最悪の約490万バレル(約78万キロリットル)が流出したと推定されている。

(2011-04-22 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メキシコ湾原油流出事故の関連キーワードインディアナポリスルイジアナカポリーベリシュガーボウル吉目木晴彦リオ・マリーナキャタフーラ・レパード・ドッグカトリーナの被害さく井工事(建設業許可の一種)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メキシコ湾原油流出事故の関連情報