メクレンブルク公国(読み)メクレンブルクこうこく(英語表記)Herzogtum Mecklenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メクレンブルク公国
メクレンブルクこうこく
Herzogtum Mecklenburg

神聖ローマ帝国の北部,ブランデンブルクとホルシュタイン,ポンメルンに囲まれたバルト海西部沿岸に形成されたドイツの領邦。 12世紀にザクセン公ハインリヒの勢力のもとで,この地の先住スラブ人がドイツ化され,シュウェリン伯領と結合して 14世紀中頃には帝国直属の公国となった。 16世紀中頃宗教改革によってルター主義を取入れたが,その後 17世紀までに公家は分割相続などのため政治的に弱体化し,18世紀にはグーツヘルシャフトに基づく貴族領主の勢力が著しく伸張した。身分制国家体制が遅くまで維持された数少い諸侯領の一つである。ナポレオン1世時代に,この公国はシュウェリン系とシュテルリッツ系に2分されたままでライン同盟に加わり,1815年には大公国に昇格。 1918年の革命で公国は消滅し,ようやく真に自由主義的な統治体制が樹立された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android