コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メシア秘密 メシアひみつdas Messiasgeheimnis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メシア秘密
メシアひみつ
das Messiasgeheimnis

ドイツの聖書学者 W.ウレーデがその著『福音書におけるメシア秘密』 (1901) のなかで唱えた『マルコによる福音書』解釈上の学説。マルコによれば,イエスは自己のメシアであることを秘密にするように命じているが (1・25,3・11~,8・30,9・30) ,ウレーデはこの記述を歴史的事実ではなく,のちの教会がイエスをメシアとする信仰とメシア性について語らないイエス伝承との間にある矛盾を埋めるために創出したものであると説明した。この学説は,『マルコによる福音書』を歴史に忠実な記述とする見方を批判したもので,のちの聖書学の発展に大きな影響を及ぼした。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android