コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メジャー・カレンシー(Major Currency)

1件 の用語解説(メジャー・カレンシー(Major Currency)の意味・用語解説を検索)

外国為替用語集の解説

メジャー・カレンシー(Major Currency)

外国為替市場で、多くの市場参加者が、頻繁に売買している通貨。現在の外国為替市場では、USD(米ドル)、JPY(日本円)、EUR(ユーロ)、GBP(英国ポンド)、CHF(スイス・フラン)。それ以外の通貨は「マイナー・カレンシー(Minor Currency)」

出典|(株)マネーパートナーズ
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メジャー・カレンシー(Major Currency)の関連キーワード為替市場建値ディーリング(Dealing)ニューヨーク外国為替市場ロンドン外国為替市場外国為替市場(Foreign Exchange Market)市場介入(Intervention)東京外国為替市場東京外国為替市場委員会(Tokyo Foreign Exchange Market Committee)主要通貨

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone