メゾスコピック物理(読み)めぞすこぴっくぶつり(英語表記)mesoscopic physics

知恵蔵の解説

微視(microscopic)と巨視(macroscopic)の狭間、主に1nm(nはナノ=10億分の1)〜1μm(μはマイクロ=100万分の1)の世界を扱う物理。微視に近づくと、電子の動きを平均して電流としてとらえる見方などが通用しにくくなる。粒子が波の顔を併せもち、状態が重なるなど量子力学の特徴が見えてくる。このスケールで、量子点(量子ドット)、カーボンナノチューブなどが人工的に産み出されている。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android