コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタキセニア metaxenia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタキセニア
metaxenia

果実の種皮果皮,すなわち母親に由来する組織に,受粉した花粉 (父方) の遺伝子の影響がただちに形質として現れる現象。 1928年 W.スウィングルが,ナツメヤシ果実の大きさや熟期が受精に用いた花粉の種類によって支配されることを知り,これを胚乳にこうした影響が現れるキセニアと区別して,メタキセニアと命名した。この現象は,ワタ,リンゴ,カシなどでもみられ,胚や胚乳からホルモン様物質が分泌されて,種皮や果皮に雄親の影響を与えると考えられているが,確証はない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

メタキセニア(metaxenia)

植物の種皮や果皮など、胚乳(はいにゅう)以外の母系統の組織に、雄性の遺伝子の影響が現れる現象。ナツメヤシ・ワタ・リンゴ・カシなどで知られている。→キセニア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のメタキセニアの言及

【キセニア】より

…これは内胚乳の貯蔵デンプンの化学的組成をきめるうるち性遺伝子(Wx)がもち性のそれ(wx)に対して優性であるため,2個の極核(おのおのの遺伝子型wx)と1個の雄核(遺伝子型Wx)の受精によって生じた内胚乳(遺伝子型Wxwxwx)に直ちに優性形質のうるち性が発現するためである。なお胚乳以外の組織に雄親の影響が現れる場合はメタキセニアと呼んで区別される。【阪本 寧男】。…

※「メタキセニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android