コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタキセニア メタキセニア metaxenia

2件 の用語解説(メタキセニアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メタキセニア
メタキセニア
metaxenia

果実の種皮や果皮,すなわち母親に由来する組織に,受粉した花粉 (父方) の遺伝子の影響がただちに形質として現れる現象。 1928年 W.スウィングルが,ナツメヤシで果実の大きさや熟期が受精に用いた花粉の種類によって支配されることを知り,これを胚乳にこうした影響が現れるキセニアと区別して,メタキセニアと命名した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メタキセニア(metaxenia)

植物の種皮や果皮など、胚乳(はいにゅう)以外の母系統の組織に、雄性の遺伝子の影響が現れる現象。ナツメヤシ・ワタ・リンゴ・カシなどで知られている。→キセニア

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のメタキセニアの言及

【キセニア】より

…これは内胚乳の貯蔵デンプンの化学的組成をきめるうるち性遺伝子(Wx)がもち性のそれ(wx)に対して優性であるため,2個の極核(おのおのの遺伝子型wx)と1個の雄核(遺伝子型Wx)の受精によって生じた内胚乳(遺伝子型Wxwxwx)に直ちに優性形質のうるち性が発現するためである。なお胚乳以外の組織に雄親の影響が現れる場合はメタキセニアと呼んで区別される。【阪本 寧男】。…

※「メタキセニア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メタキセニアの関連キーワード穎果核果果皮メース中果皮内果皮内種皮遺伝子刷込み刷込み遺伝子リナマリン