コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メタモリブデン酸塩 メタモリブデンさんえんmetamolybdate

世界大百科事典 第2版の解説

メタモリブデンさんえん【メタモリブデン酸塩 metamolybdate】

モリブデン酸の縮合してできるポリモリブデン酸の一つであるメタモリブデン酸の塩。一般式MI4[Mo8O26]・nH2O(MI2O・4MoO3nH2Oとも書ける)。古くはMI6H4[H2(Mo2O7)6]のように書かれたこともある。多くは無色の水に可溶の結晶。結晶は空気中では風解しやすい。一般にモリブデン酸塩あるいはパラモリブデン酸塩水溶液にモリブデン酸を加えるか,濃塩酸を加えて得られる。構造は図のように八面体型6配位の[MoO6]イオンが8個縮合した[Mo8O26]4-を含むことが知られている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメタモリブデン酸塩の言及

【モリブデン酸塩】より

…これらの間には平衡が成立していると考えられるが,適当な濃度のところで各種の塩が取り出されている。これらのうち古く四モリブデン酸塩MI2Mo4O13のように書かれるものはメタモリブデン酸塩と呼ばれていたが,実際にはイソポリモリブデン酸塩の八モリブデン酸塩MI4[Mo8O26]であり,パラモリブデン酸塩と呼ばれていたものはMI6[Mo7O24]のような七モリブデン酸塩である。そのほかリンモリブデン酸塩などのようなヘテロポリ酸塩は,リンを中心原子としてこれをポリ酸イオンが配位した,モリブドリン酸塩である。…

※「メタモリブデン酸塩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メタモリブデン酸塩の関連キーワードモリブデン酸濃塩酸