メデイア(読み)めでいあ(英語表記)Medeia

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メデイア(ギリシア神話の魔女)
めでいあ
Medeia

ギリシア神話の魔女。黒海の東、コルキスの王アイエテスの娘で、太陽神ヘリオスの孫。魔女キルケの姪(めい)でもある。メデイアは、アルゴ船に乗り組んだ英雄たちが、コルキスのアレス神の森で竜に守られている金の羊毛皮を奪いにきたとき、彼らのリーダーであるイアソンに恋をする。父アイエテスは、火を吐く牛で畑を耕し竜の牙(きば)を蒔(ま)けとイアソンに難題を課したが、彼女は彼に火除(よ)けの秘薬と、竜の牙から生じる戦士を滅ぼすための秘策を授け、さらに竜を眠らせて金の羊毛皮を盗み出してやった。そうしてイアソンの妻になりギリシアへ逃げるが、彼女は追っ手の船が迫ったとき、連れてきた弟アプシルトスの体を切り刻んで海上にばらまき、追っ手にそれを拾い集めさせ、船足を遅らせた。そしてイアソンの故国イオルコスに着くと、イアソンの父の仇敵(きゅうてき)ペリアスを魔法で殺した。このため彼女とイアソンは、国を追われてコリントスに逃げることになる。
 のちにイアソンは、コリントス王の婿となってメデイアを捨てるが、そのとき彼女は夫との間にもうけた二児を虐殺して夫の新しい花嫁をも焼き殺す。そして竜車に乗ってアテナイ(アテネ)に逃れ、そこの王アイゲウスの妻となってメドスを生む。また、アイゲウスが他国で生ませた子テセウスが父子の対面を求めてやってきたとき、メデイアは彼を毒殺しようとして阻止され、祖国コルキスに逃げ帰る。メドスは、メディア人の名祖となった。
 メデイアの物語は、ロドスのアポロニオスの『アルゴナウティカ』、エウリピデスの『メデイア』などに詳しく語られ、近代にはコルネイユの『メデ』、グリルパルツァーの『金羊毛皮』などの翻案がある。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノンフィクション本大賞

全国の書店員が選出する「本屋大賞」の部門賞の一つで、日本語による優れたノンフィクション作品(海外作品の翻訳本は除く)に贈られる賞。正式名称は「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

メデイアの関連情報