コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトキテス メトキテスMetochitēs, Theodōros

2件 の用語解説(メトキテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトキテス
メトキテス
Metochitēs, Theodōros

[生]1260頃.ニカエア
[没]1332.3.13. コンスタンチノープル
ビザンチンの文献学者。皇帝アンドロニクス2世の側近。自然科学,修辞学,哲学などに通じ,人文主義運動の先駆者の一人といわれる。主著は 120に上る哲学,歴史に関する論考をまとめたエッセー集『雑録と格言』 Hypomnēmatismoi kai sēmeiōseis gnōmikaiで,批判精神と思想性の点でビザンチンにおける最もすぐれた作品の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトキテス
めときてす
Theodoros Metochites
(1260/61―1332)

ビザンティン帝国の学者。アンドロニコス2世Andronikos (1283―1328)の宰相で、同帝の退位後修道院に入る。後期ビザンツのもっとも重要な百科全書派の学者の一人。主著『哲学的・歴史的随筆』は哲学、歴史、文学の3分野(120のテーマ)にわたる著者の見解の集大成で、おのずと百科事典をなしている。ほかにアリストテレス哲学の注釈、天文学、数学、修辞学の著作、詩、書簡、外交使節としての報告書など数多くの作品が残されている。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

メトキテスの関連キーワード花山院師賢日野資朝正慶日野資朝文応隠岐国分寺九州・沖縄、山口のカキ養殖若宮丸漂流民院庄周期表

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone