コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトキテス(英語表記)Metochitēs, Theodōros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトキテス
Metochitēs, Theodōros

[生]1260頃.ニカエア
[没]1332.3.13. コンスタンチノープル
ビザンチンの文献学者。皇帝アンドロニクス2世の側近。自然科学,修辞学,哲学などに通じ,人文主義運動の先駆者の一人といわれる。主著は 120に上る哲学,歴史に関する論考をまとめたエッセー集『雑録と格言』 Hypomnēmatismoi kai sēmeiōseis gnōmikaiで,批判精神と思想性の点でビザンチンにおける最もすぐれた作品の一つ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトキテス
めときてす
Theodoros Metochites
(1260/61―1332)

ビザンティン帝国の学者。アンドロニコス2世Andronikos (1283―1328)の宰相で、同帝の退位後修道院に入る。後期ビザンツのもっとも重要な百科全書派の学者の一人。主著『哲学的・歴史的随筆』は哲学、歴史、文学の3分野(120のテーマ)にわたる著者の見解の集大成で、おのずと百科事典をなしている。ほかにアリストテレス哲学の注釈、天文学、数学、修辞学の著作、詩、書簡、外交使節としての報告書など数多くの作品が残されている。[和田 廣]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android