コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メトキテス メトキテス Metochitēs, Theodōros

2件 の用語解説(メトキテスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メトキテス
メトキテス
Metochitēs, Theodōros

[生]1260頃.ニカエア
[没]1332.3.13. コンスタンチノープル
ビザンチンの文献学者。皇帝アンドロニクス2世の側近。自然科学,修辞学,哲学などに通じ,人文主義運動の先駆者の一人といわれる。主著は 120に上る哲学,歴史に関する論考をまとめたエッセー集『雑録と格言』 Hypomnēmatismoi kai sēmeiōseis gnōmikaiで,批判精神と思想性の点でビザンチンにおける最もすぐれた作品の一つ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メトキテス
めときてす
Theodoros Metochites
(1260/61―1332)

ビザンティン帝国の学者。アンドロニコス2世Andronikos (1283―1328)の宰相で、同帝の退位後修道院に入る。後期ビザンツのもっとも重要な百科全書派の学者の一人。主著『哲学的・歴史的随筆』は哲学、歴史、文学の3分野(120のテーマ)にわたる著者の見解の集大成で、おのずと百科事典をなしている。ほかにアリストテレス哲学の注釈、天文学、数学、修辞学の著作、詩、書簡、外交使節としての報告書など数多くの作品が残されている。[和田 廣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メトキテスの関連キーワード勃・歿・没NかMかカエアンの聖衣ニカエア公会議ニカエア信条第一ニカエア公会議第二ニカエア会議ニカエア王国ニカエア帝国

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone