コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メニコン

2件 の用語解説(メニコンの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メニコン

1951年、創業者の田中恭一会長が日本初の角膜コンタクトレンズを開発。57年に会社化した。67年に「メニコン」を商標登録し、87年からは社名もメニコンに。非上場。2009年3月期の連結売上高は約380億円。使用期限がない従来タイプハード、ソフトレンズは国内首位。子会社「メニワン」が白内障の犬猫向けのレンズを販売する。

(2010-03-21 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳の解説

メニコン

「目にコンタクトレンズ」の略(日本初の角膜コンタクトレンズ開発者である創業者の「世界で通用する、分かりやすく親しみやすい名称を」という思いから社内公募)

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メニコンの関連キーワード創業者利得一会本初速水優田中地区田中香苗田中清治タマザワ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メニコンの関連情報