コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メヌケ(目抜) メヌケ

世界大百科事典 第2版の解説

メヌケ【メヌケ(目抜)】

カサゴ目フサカサゴ科メバル属の数種の魚の総称。深海から水面に上がってくると眼球がとび出ることに由来した名称。ふつうはオオサガ(コウジンメヌケ)Sebastes iracundus,サンコウメヌケS.flammeus,バラメヌケS.baramenuke(イラスト)の3種をいう。ときにはアラスカメヌケも含めることがある。北方系の魚で,いずれも相模灘と銚子以北の本州および北海道の太平洋岸の沖合深海域に分布する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメヌケ(目抜)の言及

【アコウダイ(緋魚)】より

…カサゴ目フサカサゴ科の深海魚(イラスト)。アコウまたはメヌケ,メヌキなどともいわれる。近縁種にオウサガ,サンコウメヌケ,バラメヌケがおり,一括してメヌケと呼ばれることが多い。…

※「メヌケ(目抜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メヌケ(目抜)の関連キーワードSebastes iracundus

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android