コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メノウ(瑪瑙) メノウ

1件 の用語解説(メノウ(瑪瑙)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

メノウ【メノウ(瑪瑙)】

石英のごく微細な結晶が集合したものをいう。そのため半透明状となり,主として塊状で産出する。成分SiO2モース硬度7,比重2.60,屈折率1.53で,色が比較的一様で無地なものを玉髄(カルセドニーchalcedony),縞目のあるものをメノウ(アゲートagate)と分類することもあるが,一般には両方をいっしょにして〈メノウ〉と称している。世界各地に産するが,貝殻状剝離を示し,剝片は薄く鋭利な縁をもつため,北アジアインドなどでは石鏃や小型の石刃の材料とされたほか,色の美しいものは古くから装身具として多く加工された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

メノウ(瑪瑙)の関連キーワード玉髄菊花石酒石英デーサイトガラスセラミック離溶組織ウェブ組織円状球顆ラディオライト眼斑組織

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone