コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メノマンネングサ(雌の万年草) メノマンネングサSedum japonicum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メノマンネングサ(雌の万年草)
メノマンネングサ
Sedum japonicum

ベンケイソウ科の多年草。コマノツメまたはハナツヅキともいう。アジア東部の暖帯に分布し,日本では北海道を除く各地の山麓や路傍の乾いた岩上に生える。茎は円柱形で暗紫色を帯びることがあり,下部は短く横にはい,節からひげ根を出す。上部は立上がり 10~15cmの高さになる。葉は多肉質の円柱形で,茎にややまばらに互生する。初夏,枝先に開出する花茎を伸ばし,黄色の星形の小花を多数密につける。萼片は5枚で大小があり,花弁は披針形で5枚ある。マンネングサ (万年草) に比べて小型で葉が輪生せず,花序も小さいので区別できる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

メノマンネングサ(雌の万年草)の関連キーワードマンネングサ(万年草)ベンケイソウ科

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android