コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メフィスト賞

2件 の用語解説(メフィスト賞の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メフィスト賞

講談社が主催する文学賞。選考委員制度を設けず、編集者が直接選考にあたり、即デビューするのが売り。応募期間や枚数制限はなく、賞金はない。過去の受賞者に森博嗣さんや西尾維新さん、辻村深月さん、舞城王太郎さんらがいる。

(2012-03-26 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

メフィスト賞

講談社が発行する文芸雑誌メフィスト」が主催する公募の新人小説賞。第1回は1996年開催、受賞作は森博嗣の「すべてがFになる」で、同年4月に刊行された。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メフィスト賞の関連キーワード講談社寸評党葬泉鏡花文学賞川端康成文学賞文芸賞松浦寿輝ネビュラ賞自由都市・堺 平和貢献賞坪田譲治文学賞

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メフィスト賞の関連情報