コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メモリーインターリーブ めもりーいんたーりーぶ

2件 の用語解説(メモリーインターリーブの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メモリーインターリーブ

メモリーへのアクセスを高速化する機能のこと。搭載されているメモリーブロック化することで実現する。たとえば、搭載されたメモリーが32MBの場合、16MBずつブロック化して、2つのブロックに同一のデータ書き込むようにしておくと、CPUがメモリーへのアクセスを交互に行うので、大量のデータでも遅延なく転送できる。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

メモリー‐インターリーブ(memory interleave)

インターリーブ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メモリーインターリーブの関連キーワードキャッシュメモリーダイレクトメモリーアクセスVCMページングランダムアクセスメモリー3Dグラフィックスアクセラレーターアクセス係数メモリー空間アクセラレータ

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone