コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メモリー常駐型ウイルス めもりーじょうちゅうがたういるす

1件 の用語解説(メモリー常駐型ウイルスの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

メモリー常駐型ウイルス

メモリー内に潜むタイプウイルス。一般的なウイルスは、ファイルディスクに感染したり、単体の実行ファイルの形でホストに潜伏したりする場合が多い。メモリー常駐型ウイルスは、ホストのメモリー内に常駐するため、単に感染ファイルを削除するだけではホスト内からウイルスを駆除することはできない。そのため、いったんホストの電源を完全に切り、メモリーにウイルスを消してから駆除作業を行なう必要がある。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone