コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メラミン混入粉ミルク事件

1件 の用語解説(メラミン混入粉ミルク事件の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

メラミン混入粉ミルク事件

9月11日、中国衛生省が三鹿集団の粉ミルクからのメラミン検出を公表。全国の5万4千人以上の乳幼児腎臓結石の被害を受け、少なくとも4人が死亡した。11月12日現在も1272人が入院中。メラミンは食器などに使われる樹脂の主原料で毒性は低いが、大量に摂取すると腎臓などに結石ができる場合がある。窒素を多く含み、食品などに混ぜることでたんぱく質の量を多く見せかけられる。その後、乳製品メーカー計22社の製品のほか、菓子、卵、家畜飼料などからも見つかった。

(2008-11-19 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メラミン混入粉ミルク事件の関連キーワード粉ミルク衛生学国民の祝日故混馬鹿集ドライミルク標準化死亡比森永ヒ素ミルク中毒粉ミルクへのメラミン混入事件加倉井駿一館林宣夫

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

メラミン混入粉ミルク事件の関連情報