コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メリー・アン マッコール Mary Ann MaCall

20世紀西洋人名事典の解説

メリー・アン マッコール
Mary Ann MaCall


1919.5.4 -
歌手,ダンサー
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
ダンサーを経て、バディ・モロー楽団やトミー・ドーシー楽団、ウディ・ハーマン楽団で歌い、’1939年チャーリー・バーネット楽団の専属歌手となる。その後、トミー・レイノルズやルー・グレイなどの楽団を渡り歩き、’46年再び、ハーマン楽団の専属となり、’54年チャーリー・ベンチェラと共演し、その後、結婚のために一時引退する。’58年以降は時折クラブで歌ったり、Concordレーベルのジェイク・ハナのレコーディングに参加する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

メリー・アン マッコールの関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android