メリー・アン マッコール(英語表記)Mary Ann MaCall

20世紀西洋人名事典の解説

メリー・アン マッコール
Mary Ann MaCall


1919.5.4 -
歌手,ダンサー
ペンシルバニア州フィラデルフィア生まれ。
ダンサーを経て、バディ・モロー楽団やトミー・ドーシー楽団、ウディ・ハーマン楽団で歌い、’1939年チャーリー・バーネット楽団の専属歌手となる。その後、トミー・レイノルズやルー・グレイなどの楽団を渡り歩き、’46年再び、ハーマン楽団の専属となり、’54年チャーリー・ベンチェラと共演し、その後、結婚のために一時引退する。’58年以降は時折クラブで歌ったり、Concordレーベルのジェイク・ハナのレコーディングに参加する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android