メルバーン(子)(読み)メルバーン[し](英語表記)Melbourne, William Lamb, 2nd Viscount of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

メルバーン(子)
メルバーン[し]
Melbourne, William Lamb, 2nd Viscount of

[生]1779.3.15. ロンドン
[没]1848.11.24. ハットフィールド近郊ブロケット
イギリスの政治家。首相(在任 1834,1835~41)。初代メルバーン子爵の二男。イートン・カレッジ,ケンブリッジ大学を卒業。1804年弁護士,1806年ホイッグ党から下院議員。1805年に結婚,妻カロラインとの生活は,彼女と詩人ジョージ・ゴードン・バイロンとの恋愛事件などもあって,不幸であった。政界ではカニング派としてしだいに地歩を固め,1827~28年ジョージ・カニングアーサー・W.ウェリントン両内閣のアイルランド大臣となり,父の死後の 1829年,2代子爵として上院に入った。1832年の選挙法改正のときは,チャールズ・グレー内閣の内務大臣で,不本意ながら法案通過を受け入れた(→選挙法改正運動)。1834年および 1835~41年の 2度首相を務め,1837年ビクトリア女王即位以後,側近の政治的助言者として信任を得た。1841年総選挙に敗れ辞任。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android