コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メレアグロス めれあぐろすMeleagros

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

メレアグロス(ギリシア神話の英雄)
めれあぐろす
Meleagros

ギリシア神話の英雄。カリドンの王オイネウス(ディオニソス神から最初に葡萄の樹(オイネ)を与えられた人物ともいう)とアルタイアの子。真の父親はアレス神とも伝えられる。彼が生まれたとき、モイライ(運命の三女神)が現れて、この赤子の寿命はかまどの薪(まき)が焼え尽きるまでと預言する。これを聞いたアルタイアは、かまどからその燃え木を取り出して火を消し、箱にしまい込んだ。やがてたくましく成長した彼は、カリドンの地がアルテミス女神のよこした大猪(おおいのしし)に苦しめられたためその猪狩りに参加する。難儀のすえに猪は退治され、彼は猪に最初に矢を射込んだ女傑アタランテに死んだ猪の皮を与えるが、女に賞をとられることに反対した伯父たちとの間に争いが起こり、彼らを殺してしまう。自分の兄弟たちがわが息子に殺されたことを聞いた母アルタイアは、例の薪を箱から取り出して、燃え盛る火の中に投げ入れた。このためメレアグロスは、別の所にいたにもかかわらずたちまち命を失う。のちに後悔したアルタイアは、英雄の死を嘆くあまり、彼の妻クレオパトラとともにメレアグリス(ホロホロチョウ)に変身した。
 この物語は、ホメロスの『イリアス』にすでに語られているメレアグロスの武勇譚(たん)に、生命の指標としての薪や鳥への変身のモチーフが加わってできあがった。なお彼の妹デイアネイラは、英雄ヘラクレスの妻となった。[中務哲郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android