コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メロダクバラダン[2世] Merodachbaladan II

世界大百科事典 第2版の解説

メロダクバラダン[2世]【Merodachbaladan II】

バビロン王。在位,前721‐前710,前703年。正しくはマルドゥク・アプラ・イッディナMarduk‐apla‐iddina。当時のアッシリアはメソポタミア全域に支配を及ぼすほどになっていたが,メロダクバラダンはティグラトピレセル3世(在位,前744‐前727)の治世の終りころからアッシリアを悩ますカルデア人の有力首長としてアッシリア側史料に現れる。そしてシャルマネセル5世(在位,前726‐前722)の死後アッシリアに王位継承をめぐる内紛が起こったのに乗じてバビロン王位に就く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のメロダクバラダン[2世]の言及

【カルデア人】より

…彼らが史料に初めて現れるのはアッシリア王アッシュールナシルパル2世(在位,前883‐前859)の時であるが,その後は歴代のアッシリア王の年代記などに登場する。カルデア人でバビロンの王座につくのはヤキン族出身のマルドゥク・アプラ・ウスルが最初と思われるが,前8世紀後半アッシリアに抵抗して2度もバビロン王となったメロダクバラダン2世(マルドゥク・アプラ・イッディナ)は特に有名である。カルデア人は軍事的には強くなかったが,ナツメヤシの生産やペルシア湾貿易のおかげで経済的には豊かであった。…

※「メロダクバラダン[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

メロダクバラダン[2世]の関連キーワードマルドゥク・アプラ・イッディナ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android