コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデルスゾーン:ピアノ・ソナタ 第1番 ホ長調/piano solo Sonate für Klavier Nr.1

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

メンデルスゾーン:ピアノ・ソナタ 第1番 ホ長調/piano solo

1826年、メンデルスゾーンが17歳の時に作曲、出版された。ベートーベンからの影響が随所にみられるが、《ソナタト短調 作品105》と比べて、独創性が増している。全4楽章からなり、続けて演奏される。平均 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会ピティナ・ピアノ曲事典(作品)について | 情報

メンデルスゾーン:ピアノ・ソナタ 第1番 ホ長調/piano soloの関連キーワードハウフバーラクザイ朝ハウフクルップビニークラークブルックブレーク内館元右衛門メイラン

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android