コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano solo Fantasia 'Sonate ecossaise'

1件 の用語解説(メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano solo

1830年、ワイマールに滞在中、メンデルスゾーンゲーテのもとを訪れ、そこで演奏したうちの一曲が、この《幻想曲 嬰ヘ短調スコットランドソナタ」》であったとされている。メンデルスゾーンは1828年に ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano soloの関連キーワードベルイマンワイマールワイマール共和国ワイマール憲法ワルターオールドタイマーメンデリズムメンデル集団飛んでるネアンデルタール