コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデルスゾーン:無言歌集 第7巻/piano solo Lieder ohne Worte Heft 7

1件 の用語解説(メンデルスゾーン:無言歌集 第7巻/piano soloの意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作品)の解説

メンデルスゾーン:無言歌集 第7巻/piano solo

ワーグナーが「第一級の風景画家」と言ったように、メンデルスゾーンは情景描写や標題音楽の作曲において才能を発揮している。
この“言葉のない歌曲”、「無言歌」、という形でメンデルスゾーンは心象風景や感情描 ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

メンデルスゾーン:無言歌集 第7巻/piano soloの関連キーワードホッベマワーグナーと言ったメンデルスゾーン:無言歌集 第1巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第2巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第3巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第4巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第5巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第6巻/piano soloメンデルスゾーン:無言歌集 第8巻/piano solo

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone