コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンデレス[川] Menderes

世界大百科事典 第2版の解説

メンデレス[川]【Menderes】

トルコ南西部,アナトリア高原山地から西に流れてサモス島の南でエーゲ海に注ぐ川。古名マイアンドロスMaiandros。全長584km。大メンデレス川Büyük Menderesとも呼ばれる。左メンデレス川,右メンデレス川,チーネ川はそのおもな支流流域は灌漑化(約10万ha)が進み,また地中海式気候に属するため穀物,綿花,タバコ,イチジクなどを産し,トルコで有数の農業地帯を形成する。また山地を隔てて北を平行して流れる川を小メンデレス川Kücük Menderesと呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android