コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メンフクロウ(仮面梟) メンフクロウbarn owl

翻訳|barn owl

世界大百科事典 第2版の解説

メンフクロウ【メンフクロウ(仮面梟) barn owl】

フクロウ目メンフクロウ科Tytonidaeメンフクロウ属の鳥の総称,またはそのうちの1種Tyto alba(イラスト)を指す。ただし,メンフクロウの名をどの種にあてるかについては混乱があり,T.albaをナヤフクロウ,オーストラリアと南アジアに分布するT.longimembrisをメンフクロウと呼ぶ人もある。しかし,後者は独立種と考えず,アフリカ産のT.capensisの亜種としてミナミメンフクロウと呼ぶ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のメンフクロウ(仮面梟)の言及

【鳥類】より

…フクロウ類の外耳は入口が大きく,あるものでは左右の外耳孔の位置や大きさが違い,両耳に達する音の強さの違いと時間的ずれによって音源までの距離や方向を感知する。そのためメンフクロウなどは暗黒の中でも獲物をとらえることができる。【森岡 弘之】
【生態と行動】
 鳥類は,羽毛をもち空を飛ぶ内温性endothermy(体温が体内で生ずる代謝熱によって維持される性質。…

※「メンフクロウ(仮面梟)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

メンフクロウ(仮面梟)の関連キーワードナヤフクロウ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android