コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モエビ(藻蝦) モエビ Metapenaeus moyebi

1件 の用語解説(モエビ(藻蝦)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

モエビ【モエビ(藻蝦) Metapenaeus moyebi】

十脚目クルマエビ科の甲殻類(イラスト)。食用エビで,内湾や内海の水深20m内外の砂泥底のアマモ帯に生息するのでこの名がある。日本からインド洋まで分布し,日本では三河湾伊勢湾瀬戸内海有明海八代海などに多産する。打瀬(うたせ)網,待網,流し網,蝦こぎ網などで,他のエビ類とともに混獲される。かつては東京湾でも多かったが,近年はごく少ない。漁期は6~9月。体長13cmに達し,雌のほうが大きい。生きているときは淡青緑色ないし淡黄褐色で,尾肢(びし)の先端が緑色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

モエビ(藻蝦)の関連キーワードクルマエビ虎海老沼海老車蝦桜蝦芝海老猩猩蝦藻蝦

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone