コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モギリョフ州 モギリョフMogilëv

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モギリョフ〔州〕
モギリョフ
Mogilëv

ベラルーシ東部の州。州都モギリョフ。北部に丘陵があるほかは全域が平地から成り,ドネプル川,およびその支流ソジ,ベレジナ,ドルチなどの川が流れる。多くの地域は混合林地帯に属する。農業はアマ栽培と畜産が中心で,ライムギ,オオムギ,ソバなども栽培。工業部門では機械 (モータ,農業機械,エレベータ,セメント工業用設備) ,木材加工,食品,皮革,繊維,セメントなどの工業が中心であるが,近年,化学 (化繊,ゴム) 工業も発展してきて,モギリョフ,ボブルイスクが中心である。ウクライナ,ポーランドと結ぶ鉄道,ハイウェーが州内を通り,ドネプル,ベレジナ,ソジの各川が水運に利用される。面積2万 9000km2。人口 126万 9000 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android