コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モクレン(木蓮) モクレンMagnolia liliflora; lily magnolia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モクレン(木蓮)
モクレン
Magnolia liliflora; lily magnolia

モクレン科の落葉低木。モクレンゲ,シモクレンともいう。中国の原産で,古くから輸入され観賞用として庭園に植えられる。幹は高さ2~4mで直立し,根もとから分枝し叢生する。葉は広くて大きく,互生し,短い柄があり広倒卵形で全縁,下面の脈に沿って細かい毛がある。3~4月に,葉に先立って大型の花を開く。萼は3枚,緑色で小さい。花弁は6枚,外面暗紫色,内面は白っぽい赤紫色で美しい。おしべ,めしべともに多数ある。果実は多数の袋果から成り,白い糸状の柄のある赤い種子を生じる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

モクレン(木蓮)の関連キーワードモクレン科

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android