コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モスム mŏsǔm

世界大百科事典 第2版の解説

モスム【mŏsǔm】

朝鮮の農村における雇傭労働者の一種で,李朝時代から近・現代にわたって存在した。雇傭主の家に居住して,農業労働だけでなく,家事労働にも従事した。賃金は食事,酒,煙草等の現物形態で支払われるのが普通であり,それ以外に貨幣賃金を支払われたり,若干の私耕地を与えられることもあった。モスムの本来の性格は,資本主義的な農業労働者でも奴隷でもなく,宗属関係や債務関係にもとづく労働力提供の形態であったと思われる。しかし1894年の私奴婢解放以後には,従来の率居奴婢(独立した一家を形成せず,主人の家内に居住した奴婢)をもモスムと呼ぶようになったこともあって,近代のモスムの性格を一概に規定することは困難である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android