コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モダブ城 モダブじょう

1件 の用語解説(モダブ城の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

モダブじょう【モダブ城】

ベルギー南部のワロンアルデンヌ地方に点在する古城群の一つ。岩山の上に建つ古城で、アルデンヌの古城の中で、最もすばらしい城と評されている。リエージュ州の州都リエージュ(Liège)近郊にあり、ナミュール(Namur)の東約35km、ユイ(Huy)の南東10kmに位置する。この城の起源は13世紀に建造された城塞にさかのぼり、モダーヴ家、オートペンヌ家、サンフォンテーヌ家が居城としたが、1658年にマルシャン伯が全面的にフランス様式に改築して現在の姿が完成した。その外観とともに内装も荘麗で、とくにジャン・クリスティアン・アンシュによる32貴族の家系図を表した天井の135m2スタッコ彫刻は、西ヨーロッパ唯一のものとして見どころの一つになっている。ほかに、さまざまな調度やタペストリージアン窯で焼かれたファイアンス陶器の充実したコレクションも堪能できる。なお、城内の付属の小礼拝堂では結婚式をあげることができる。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone