モダリティ(交渉の大枠)

農林水産関係用語集の解説

モダリティ(交渉の大枠)

WTO農業交渉においては、市場アクセス国内支持輸出競争の3分野等について、具体的な削減率等の各国に共通に適用されるルールをいう。ウルグアイ・ラウンド農業合意でみると、「助成合計量の実施期間中の20%削減」や「農産物全体で平均36%(品目ごとに最低15%)の関税削減」等がこれに当たる。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android