モット(読み)もっと(英語表記)Frank Luther Mott

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

モット(Frank Luther Mott)
もっと
Frank Luther Mott
(1886―1964)

アメリカのジャーナリズム学者。アイオワ州に生まれる。1907年シカゴ大学を卒業。アイオワの新聞社で10年間働いたのち、コロンビア大学で修士号を取得した。1927年から1942年までアイオワ大学新聞学部教授、以後1951年引退するまでミズーリ大学の新聞学部教授・学部長。1939年には『アメリカの雑誌の歴史』A History of American Magazines(1938)でピュリッツァー賞(歴史部門)を受賞。1947年(昭和22)3月、GHQ(連合国最高司令部)の新聞顧問として来日した。約2か月間の滞日中、新聞社幹部をはじめ、新聞学関係者、大学や専門学校の学生新聞編集者などとの懇談、講演会を通じて、終戦直後の日本のジャーナリズム教育・指導に尽力した。『アメリカの新聞』The News in America(1952)などの著書がある。[鈴木ケイ]
『皆藤幸蔵訳『アメリカの新聞』(1955・時事通信社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

モットの関連情報